転職する際のタイミングはいつがいいの?

転職する際のタイミングはいつがいいの?

転職はタイミングが重要!

転職する際のタイミングはいつがいいの?

転職を考えている時に、悩む理由の一つとして、「転職するタイミング」が挙げられます。タイミングは非常に大切で、間違えると、自分に悪い影響があるだけでなく、会社側にも何らかの影響を及ぼしてしまうことになってしまいます。そこで、転職するにあたっていいタイミングを考えていきたいと思います。

 

忙しい時期は避ける

年末やお正月など忙しい時期は避けましょう。

会社側はその時期にやることがたくさんあり、採用担当者は特に忙しい時期でもあります。

普通の企業の場合は、人手がたりない場合以外はあまりその時期には、募集をかけないので、年末とお正月を避けて応募するようにしましょう。

その時期を避けることで、会社側の負担も減るので、採用される確率が高くなる可能性があります。

また、自分自身も、年末やお正月は忙しいので、その時期を避ければ万全な準備ができます。

少しの期間待ってもらう

もし、次の職場の内定が決まっている場合でも、「転職前の会社に迷惑が掛かってしまうので、少しの期間入社を待ってほしい」と伝えれば、良い時期まで待ってくれることが多いです。

また、そう伝えると、転職先の人にも、仕事熱心で責任感の強い人だという印象を与えることができます。

今の職場でも次の職場でも、いい印象を与えることが出来るので、今の職場での責任を全うしてから転職するようにしましょう。

今の会社でも、仕事がひと段落するまでは働いてほしいと思っているはずです。

1か月前には報告

転職するにあたって、早めの申告は必要不可欠です。

自分が次の転職先に移動する準備があるだけでなく、会社側も一人辞めるだけで大きな変化があるので、「後任をどうするか」や「新しくスケジュールを立て直さなければならないか」などを考える必要があります。

早めに転職の意思を伝えることで、自分も会社側も早めに準備を進めることが出来ます

また、早めに伝えておけば、仕事の割り振りも変わってくるので、そのままスムーズに転職することが出来ると考えられます。

悩みが決断に変わったとき

介護職から離れる理由で多いのが、「金銭的な理由」と「人間関係」です。

金銭面では、生活するにあたって十分な金額のお給料がもらえないと、それは転職する原因になりますし、人間関係が良好でなければ、精神的苦痛をともなうことになり、それも転職の原因になります。

よって、このような転職につながる悩みが生まれて、それが解決できそうにない場合は、転職するきっかけとなり、良いタイミングといえるでしょう。

ボーナスをもらったあと

ボーナスをもらった後に転職の意思を伝えても良いでしょう。

自分が頑張って働いた分のご褒美ですから、後ろめたく感じる必要はありません

また、どうしても後ろめたさを感じてしまう場合は、ボーナスをもらって数週間の余裕を持ってから転職するのがよいでしょう。

やりがい

最初はやる気に満ち溢れていたのに、仕事を続けていくにあたってやりがいを感じなくなってしまうことがあります。

仕事をしている間にも、楽しさを感じられずに、ただ生活費を稼ぐ作業としか思えなくなってしまった場合、仕事は辛い作業になってしまいます。

我慢することが美徳というわけではありません。

自分のことをいたわることも大切です。

無理をして、働けなくなってしまっては元も子もないのです。足が進まない、辛い、と感じるようになったら、それは仕事の辞め時です。

仕事内容が辛いのであれば、介護以外の職種に転職するのが良いですし、人間関係などの環境による辛さならば、もう一度スキルを活かして介護系に転職するのも可能です。

辛いと感じたら、異変が現れる前に転職してしまいましょう。

まとめ

今回は、転職する際のタイミングはいつがいいかについて話してきましたが、中でも大切なのは、忙しい時期を避けることと、辛さで仕事に復帰できなくなる前に手を打つことです。

転職する良いタイミングは人によって違いますが、自分にとって一番良いタイミングで転職できるように、今の職場でできることや、次の職場でやるべきことを考えておきましょう。