自分に合ったエージェントを見極める方法

自分に合ったエージェントを見極める方法

エージェントの見極めが大切!

自分に合ったエージェントを見極める方法

高齢化社会が進む現代社会において介護士はなくてはならない職業ですよね。しかしそれゆえに、しっかりと吟味しないと自分の希望に合うような職場ではなく労働条件が厳しい職場で働くことになるかもしれません。転職するからには失敗したくない!トラブルを防ぎたい!そのような人のために、介護士の転職に役立つ“エージェント”をうまく活用する方法について紹介していきます。

 

そもそもエージェントって?

転職エージェントを簡単に一言で表すと、“その人の転職を手伝ってくれる人、手続きをしてくれる人”のことを指します。

転職エージェントはその道のプロになりますので、介護業界に詳しいエージェントの目線から、自分にあった転職先を探すことができます。

施設の求人情報で非公開となっている情報も、エージェントを介して知ることができます

担当者の人と面談や相談をして直接会話しながら転職の話をすることができるため、転職について何も分からない人でも利用することができます。

そしてエージェントの活用にあたり嬉しいのが、利用が無料という点です。

すべてのエージェントというわけではありませんが、*多くのエージェントは企業から掲載料金等をもらい運営しているため、エージェントは使用料はかかりません**。

また、希望する企業との面接の日程、手続きなど企業との直接のやり取りも代わりに担ってくれるので安心です。

自分に合うエージェント?

どの転職エージェントにするか

まず、転職エージェントを使用する場合は介護士や介護職全般の転職サイトなどに登録することで使用できるようになることが多いようです。

現在はネットで調べればすぐに人気介護士転職サイトランキング、おすすめランキングなどを調べることができます。

しかしそのランキングにばかり注目していると、そのサイトの弱い部分が見えなくなります。弱いというのは、扱っている施設の数などです。

表面上は登録施設件数が多くても地域に偏りがある場合、都市部のみの場合などがあります。

そのサイトが、自分が希望しいている転職先の地域に強いかどうかを調べておきましょう。

希望する転職先の地域の施設登録数が少なければ、それはその転職エージェントもそに地域に強くないといことになるからです。

自分の地域に強いサイト、申し分ないサイトを選び登録するようにしましょう。

いくつか同時に登録しておく

転職エージェント側も人間ですので、自分との性格の相性があります。

最初の面談時などで会話したときに直観で自分とは相性が合わないだろうとすぐに分かる場合もあります。

そのような時のために、いくつか登録しておき自分に一番合いそうなエージェントを選ぶという方法もあります。

ただし、転職エージェント側も自分の売り上げに関わることになり、色々と話しが進んでから断ると迷惑になるので登録して早い段階で決めるようにしましょう。

またエージェントにも経験の豊富さ、実力にも差があります。

せっかく希望の転職先が見つかっても、手続きの不具合や情報不足などの問題が生じてはストレスがたまり、スッキリと転職することが出来ません。

最初の面談の時点で、実力面の心配がうかがえるようであれば、その場合もしっかりと候補のエージェントから絞っていきましょう。

しかし、エージェントの実力なんて面談だけで分かるのか?と不安に思う人がいるかもしれません。

そこで見極めるポイントを絞って説明していきます。

まず一つ目は求人情報のみの提示ではないということです。

求人情報だけの提示は機械的な操作でできるので、それだけを提示してくる場合は良質なエージェントとは言えません。

例えば、複数提示してきた施設の詳細、インターネットで調べるだけでは知りえない非公開の情報なども説明してくれる人は信頼できるでしょう。

その施設のことをしっかり把握しているということは、自分にとって有利な転職の交渉を進めることが可能になるかもしれない、ということになります。

また、特に給料にばかり気にかけて情報提示してくるエージェントも良質とは言えません。

エージェント側の利益につながることしか考えていない可能性もあるので、自分の将来を見据え給料だけでなく、勤務形態や介護施設の職種の内部振り分け、仕事内容などの相談にものってくれるようなエージェントが良いでしょう。

こんなエージェントは注意

とにかく早く決断を迫ろうとしてくるエージェント、就職先の選択肢が少ないエージェントには気を付けましょう。

就職の選択肢が少ない場合、エージェント側の都合のよい条件しか含まれていない可能性があります。

逆にただただ大量の選択肢を並べるだけの場合は、自分の希望に照らし合わせずに選択されている可能性があるので注意してください。

まとめ

自分に合うエージェントを見極めるポイントをいくつか絞って紹介してきましたが、まずエージェントを選ぶためにも複数の転職エージェントを登録し、一度面談をして見極めていくと確実でしょう。

自分に合うエージェントを探し、良好な関係で転職を進めていけるようにしましょう。