訪問介護に転職するメリット・デメリット

訪問介護に転職するメリット・デメリット

訪問介護が気になる人も多い

訪問介護に転職するメリット・デメリット

介護士として働く場合、その勤務先は大きく2つに分けられます。その1つである施設介護は介護士としての仕事で一番に思い浮かぶものだと思いますが、もう1つの勤務先となる訪問介護に転職する場合、そのメリットとデメリットはどのようなものとなるでしょうか?訪問介護に転職するメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

訪問介護とは?

訪問介護はホームヘルパーと呼ばれる仕事で、訪問介護事業所に勤める介護士が行う業務です。

施設介護とは違い、利用者の自宅に訪問して身体の介護や生活面での介助が業務となり、訪問先となるのは基本的に事業所からそれほど離れていない場所となります。

利用者の自宅に訪問するため、基本的に運転免許を持っている人が多くなります。

また、訪問介護は家事なども行うことが多いので女性ばかりと思われがちですが、少数ながら男性もいるので、訪問介護で働きたいと考えている男性でも気にせずはたらくことができます。

介護施設で働く場合は資格や経験がなくても働くことは可能ですが、訪問介護の場合は介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格が必要となります。

そのため、訪問介護で働く人はある程度ベテランであることが多いのも特徴です。

訪問介護に転職するメリットは?

それでは訪問介護へと転職するメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

まず、介護の職場で悩む人が多いのは人間関係です。

施設介護はどうしても数人で協力して行う場合が多いので、職場におけるチームワークや人間関係が重要なものとなってきます。

そのため、人間関係が悪いと仕事にも不備が生じてストレスになりやすいのです。

しかし訪問介護の場合は少人数で介護にあたるので、人間関係による問題が発生しにくいのです。

そのため、人間関係の問題で退職を考えている人にとって訪問介護への転職は大きなメリットがあります。

また、施設介護と比較して拘束時間が短いこともメリットです。

訪問介護は利用者の自宅へと車で向かい、事業所によってはそのまま直帰できる場合もあります。

仕事が立て込んでいるときは移動と介護を繰り返すことになりますが、移動中の車内では比較的自由に過ごすことができ、空き時間や移動時間の調整で多少の休憩も取りやすくなっているので、施設介護に比べて楽な雰囲気で仕事ができます。

施設に入居している利用者とは違って利用者の自宅に訪問して介護を行うので、利用者の内面により深く触れることができるのもメリットです。

それによって普段どんなことに困っているのか、不自由に思う点はどこなのかを知ることができるので、より利用者に寄り添った介護ができるようになります。

施設介護とは違って夜勤がないこともメリットといえるでしょう。なかなか夜勤に入るのが難しい人の場合、施設介護であれば夜勤から外してもらえる事業所もありますが、他の人にその分夜勤が増えて負担をかけてしまうこともあります。

しかし訪問介護の場合は最初から夜勤がないので、誰かの迷惑になるかと気にすることもなく働くことができます。

訪問介護に転職するデメリットは?

その一方で、訪問介護に転職するデメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

訪問介護というのは利用者と介護士がそれぞれ1人ずつで相対するのが基本です。

そのためいい関係を築くことができればその後の介護もやりやすく、楽しい仕事となるのですが、もしも相性が悪い利用者の担当になってしまった場合は、嫌な空気の中で仕事をすることとなり、場合によっては担当を交代することになるかもしれません。

また、訪問介護を行う介護士の多くは女性ですが、利用者は男女ともにいます。

そのため、たとえ年配であっても男性と2人だけの空間にいることは抵抗がある、という女性には難しいかもしれません。

単独で介護にあたるということは、他の人の介護はどのように行っているのかを知ることができない、ということになります。

そのため、介護の方法が自己流となってしまうことがあり、将来施設介護へと転職した際には他の人と介護方法が大きく異なるかもしれません。

そうなると協力して介護にあたるためには改めて介護方法を学ぶ必要が出てきます。

また、夜勤がないというのは訪問介護のメリットですが、夜勤がない分給与が下がってしまうのもデメリットといえるでしょう。

なるべく多く稼ぎたい、と思っている人の場合は施設介護で夜勤を多く入れている方がいいでしょうし、あまり長時間働くのは難しい人や扶養控除の範囲内で収めたいという人は訪問介護の方が向いているといえます。

まとめ

訪問介護は施設介護よりも時間の自由度が高く、利用者ともより身近に触れ合うことができるため、訪問介護に転職することにはたくさんのメリットがあります。

しかしある程度のデメリットもあるので、その点についても確認した上で転職するようにしましょう。

ただし、1人で動くことが多い仕事なので、施設介護で人間関係に悩んでいる人にとってはお勧めの転職先といえます。