転職回数が多いことを聞かれた時の答え方はこうだ

転職回数が多いことを聞かれた時の答え方はこうだ

転職回数の評価を最小限にするには?

転職回数が多いことを聞かれた時の答え方はこうだ

面接の際、転職した回数が多いことはマイナスになります。しかし、転職した理由の答え方によってはマイナスを最小限にすることもできます。どうしたら転職回数が多いことによるマイナス評価を最小限にすることができるでしょうか?聞かれた時の答え方についてまとめてみました。

 

なぜ、転職回数が多いと印象が悪い?

転職回数が多いからといって印象が悪くなるのはなぜでしょうか?

やむを得ない理由で転職する人もいますが、それが何回も起こる人はそうそういません。

そのため、転職回数が多いというのはこらえ性がない人、と思われてしまうからです。

そうなると、たとえ自分のところで採用したとしてもまたすぐに辞めるんじゃないか、と思うのは当然です。

そしてどうせ採用するのなら、すぐに辞める人ではなく長く働いてくれそうな人を雇いたいと思うのも当たり前ですよね?

そのため、転職回数が多い人は印象が悪くなり、採用の優先度が下がってしまうのです。

しかし、転職回数が多いからといってそうそうごまかすわけにはいきません。

しかし、ある程度ならごまかすことは可能となります。

例えば、ごく短い期間で退職してしまった職歴があるのであれば、その前後に長く働いている職歴に加えてしまったり、もしくは転職活動をしていたとして職歴から除いてしまったりすることはできます。

しかし、働いてもいない会社で働いていた、と記入した場合は虚偽にあたり、発覚した場合は問題となりかねません。そのため、あくまで少しごまかす程度にしておきましょう。

転職回数が多いことを聞かれた時の答え方は?

それではなぜ転職回数が多いのか?と聞かれた時にはどう答えたらいいのでしょうか?

まず必要なのは、転職回数が多くなった理由についてははっきりと答えることです。

引け目を感じたり、悪いことをしていると思ったりして口ごもっていると、面接官からは磯をついているのではないか?自分勝手な都合なのではないか?と思われてしまいます。

堂々と答えた方が、自分にやましいことがないという証明にもなります。

まず、ひとまとめにして答えるのはやめましょう。

「今までの会社は~」とひとまとめにして答えると、一度失敗してから何も学ばず、また似たような会社に転職していると思われてしまいます。

同様に、会社が悪かったと答えるのも、自分に悪いところがなかったのかと反省することなく転職していると思われてしまい、成長していないと思われるので避けた方が無難です。

人間関係を理由にするのもやめた方がいいでしょう。

人間関係というのは相互の関係であり、どうしても合わない人がいるのは仕方がないことです。

しかしそれを何度も繰り返しているのであれば、むしろ自分に責任があり、どこに行ってもうまくいくことはないと考えられます。

そうなると採用しても、また人間関係が悪化して再び転職すると思われてしまいます。

悪い印象を与えない答え方としては、しっかりとした考えを持って転職を繰り返していると伝えることです。

自分がやりたいことのために転職を繰り返して、その目標に近づいているということで納得しやすくなります。

ただし、その話に説得力を持たせるためには、キャリアアップを目指して転職を繰り返しているということに一貫性を持たせる必要があります。

「総合的に介護の仕事を覚えるために、最初は特別養護老人ホームに勤め、次はデイサービスに転職して施設での介護を学びました。前職は訪問介護で、自宅での介護を学ぶことで様々な介護の仕方があることを知ったので、これまでの経験を活かしてこれからはこちらの施設で改めて介護職として邁進していきたいと思っています。」といった話し方であれば、多くの経験を積むための転職だったと面接官も納得しやすくなると思います。

また、仕方がなかったと思ってもらえるような理由があれば、それに沿って理由を説明するのもいいでしょう。

例えば母の介護のため、なるべく時間通りに終わる仕事に転職した、容体が変わったのでいったん退職して介護に専念し、その後また転職したものの今度は父の介護のために転職する必要が出た、などです。

自分の職歴に合わせて理由を考え、矛盾が出ないようにしていきましょう。

まとめ

退職の理由は、誰にもわからないものです。

たとえ自分がどうしても退職する必要があると思っていても、他人からはそんな理由で?と思われてしまうことも少なくありません。

そのため、誰でも納得できるような理由を話す必要があるのです。

しかし、転職を何度も繰り返しているとその理由も薄れてしまいます。

そのため、転職回数が多い場合はそれに合わせてストーリー性を持たせ、時系列での矛盾が出ないように転職理由を考える必要があります。

きちんとした理由や一貫した目的のために転職をしていれば、回数が多くてもマイナス評価とはなりにくいのです。

最終的に大事なのは、今度の転職では最後まできちんと勤め続ける、と強く思うことです。

これまでの問題点や目的に関してはすでに終わっていて、勤めることに何の問題もないことをアピールしておきましょう。

雇う側としてはなるべく長く勤め続ける人の方がありがたい、ということを忘れずにいましょう。